美味しいもの

【2018年クリスマス限定】カルディのシュトーレンは食べたら人気の理由がわかった。

最近日本でも人気のお菓子シュトーレン。クリスマスが近くなり、パン屋さんやケーキ屋さんで見かけたことのある人も多いのではないでしょうか。

この時期、お取り寄せの品としても人気のシュトーレンですが、カルディのシュトーレンがおいしいと聞き、さっそく購入してみました。

実はカルディのシュトーレンは、とても人気で昨年は販売するとすぐに売り切れになりました。

私も昨年気になって購入しようとお店に行ったのですが、すでに販売終了していました。

気になっていたシュトーレンを今年は無事にゲットできました。

「マジパンシュトーレン」と「クランベリー&オレンジシュトーレン」の食べ比べもしてみたので参考にしてください!

シュトーレンとは

シュトーレンはドイツの伝統的なお菓子で、ドライフルーツやナッツなどがたっぷり入っています。

ドイツでの正式な表記はStollenで、ドイツ語の坑道を意味します。トンネルのようにずっしりとした形はその言葉にぴったりです。

生地には酵母の入った生地に、レーズンとレモンピール、オレンジピールやナッツが練りこまれており、焼き上げたケーキの上には真っ白くなるまで粉砂糖がまぶされている。

その形が幼子イエスを産着で包んでいるように見えると言われている。

ドイツでは、クリスマスを待つ4週間のアドヴェント(待降節)の間、少しずつスライスして食べる習慣がある。フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とされている。 Wikipediaより

日本でも数年前のパンブームにのり、シュトーレンの認知度が高まったと言われています。

人気のカルディのシュトーレン

昨年口コミでも評判だったカルディのシュトーレン。こちらは本場ドイツからの輸入品です。

マジパンシュトーレン

シュトーレン500gほどあり、なかなかの大きさです。

ナッツやレーズン、オレンジピールなどが入っています。封を開けると、オレンジピールの香りがふわっと漂います。

さっそく切ってみます!

シュトーレンもっとドライフルーツがぎっしり入っているかと思いましたが、それほどたくさん入っているわけではありません。

薄くスライスして食べやすい大きさに切ります。

食べてみると思っていたほど甘さがくどくなく、優しい味わいでした。最初はドライフルーツが少ないかなと思いましたが、食べてみるとその量がちょうどいいことがわかります。

全体の甘さに対してオレンジピールやレモンピールがいいアクセントになっています。

3切れカットしたのですが、すぐに食べ終わり追加でカットしてしまいました。

紅茶にぴったり!

カルディで販売しているジャンナッツの紅茶と一緒にいただいて、幸せなティータイムになりました。

クランベリー&オレンジシュトーレン

カルディ シュトーレンこちらは「クランベリー&オレンジシュトーレン」です。

通常のマジパンシュトーレンと比較すると、クランベリーの色合いがクリスマスらしさが出ている気がします。

カルディ シュトーレンマジパンシュトーレンはドライフルーツが少なく感じましたが、こちらは色合いのせいかたっぷり入っているように見えます。

カルディのシュトーレン2種類食べ比べてみた

カルディ シュトーレン2種類のシュトーレンを食べ比べてみました。

左がクランベリー&オレンジシュトーレン。右がマジパンシュトーレンです。

正直に言います。

味はあまり差がない気がします。

クランベリー&オレンジシュトーレンはクランベリーの主張が強くありません。

どちらかというとオレンジピールの風味が強いので、味に差が出ていないのかもしれません。

レーズンが好きならマジパンシュトーレンをおすすめするし、クランベリーが好きな人にはクランベリー&オレンジシュトーレンをすすめたいです。

シュトーレンのカロリー

「マジパンシュトーレン」のカロリーは100gあたり397㎉。1本が500gなので、全部食べると約2000㎉にもなりますが、1日で食べきれる量ではないので問題ないでしょう。

「クランベリー&オレンジシュトーレン」のカロリーは100gあたり410㎉です。

シュトーレンの保存方法

パッケージには「直射日光、高温多湿を避けて保存してください」とあります。

少しずつ食べたいので、なるべくいい状態で保存したいですよね。

そんなわけで良い保存方法がないか調べてみると、ドイツ大使館のホームページでシュトーレンの保存方法が紹介されていました。

クリストシュトレンは、低温で乾燥した場所では日持ちがします。

クリスマスの焼き菓子がパサパサにならないようにするためには、包装パッケージにそのまま戻すか、あるいは麻布のクロスをかけておくのが一番のようです。

ドイツ連邦共和国大使館・総領事館のホームページより引用

麻袋のクロスはさすがにないので、食パンが入っていた袋を活用し保存することにしました。

カルディのシュトーレンが買えるところ

カルディの実店舗でも扱いがあれば購入可能ですが、オンラインショップでも販売しています。

ただし数量限定商品なので、気になる人は早めに購入することをおすすめします。

カルディオンラインショップはこちら

まとめ

人気ということで昨年から気になっていたカルディのシュトーレン。

食べてみて人気の理由がわかりました。おそらく今年もすぐ売り切れになるでしょう。

結論:カルディのシュトーレンは最高においしいやつ

気になる人は早めにチェックしてみてくださいね。

では!

こちらの記事もおすすめ!