福祉

『コウノドリ』から学ぶソーシャルワーカーのお仕事

「社会福祉士」という資格をご存知ですか?

社会福祉士の認知度はあまり高くなく、私自身社会福祉士として働いていたときは、仕事を聞かれて説明しても「介護の仕事ですか」とよく言われていました。

確かに介護の現場で働く社会福祉士もいますが、活躍の場はそこだけではありません。

社会福祉士(ソーシャルワーカー)について知ってもらうのに何か良い方法はないかなと探していたら、意外なところに登場していました。

そんなわけで今回は、『コウノドリ』から学ぶソーシャルワーカーのお仕事と題して、社会福祉士をもっと身近に感じてもらうために記事にしました。

人気の医療漫画『コウノドリ』

最初に『コウノドリ』を知らない人のために簡単に紹介します。

『コウノドリ』は産婦人科を舞台にした漫画で、モーニング(講談社)で連載中です。

主人公の鴻鳥サクラは産婦人科医でありながら、謎のジャズピアニスト「ベイビー」という2つの顔を持っています。

「聖ペルソナ総合医療センター」を舞台に、そこを訪れる妊婦やその家族、そしてペルソナのスタッフたちの関わりが描かれています。

2015年と2017年には、綾野剛さん主演でドラマ化もされました。

コウノドリに登場するソーシャルワーカー向井さん

実はコウノドリにはペルソナのスタッフとして、ソーシャルワーカーが登場します。

メディカルソーシャルワーカーの向井さんです。

第1巻の最初のストーリー「受け入れ拒否」から登場していて、搬送されてきた未受診妊婦と話をする場面があります。

お金のことが心配だったなら

妊娠してちゃんと母子手帳をもらえば 無料のチケットが付いてくるし

出産費用だって払えそうにない人には ちゃんと産まれる前に申請すれば出産費用を肩代わりしてくれる

妊婦健診を受けておらず出産直前に運ばれた妊婦。

お金がないことを理由に受診していなかった彼女に対して、ソーシャルワーカーの向井さんが優しく語りかけます。

この場面はソーシャルワーカーの仕事をよく表しているなと思いました。

また最新巻の24巻の「養子縁組」の話では、予期せぬ妊娠をしてしまった中学生との話し合いの場で向井さんが登場します。

家族状況や妊娠に至った経緯を聞き取り、それを医師たちに伝えています。

メディカルソーシャルワーカーという仕事

メディカルソーシャルワーカー(MSW)は大きな病院などでは、医療福祉相談室や地域連携室などというところにいます。

医療ソーシャルワーカー(いりょうソーシャルワーカー、MSW:Medical Social Worker)とは、保健医療分野におけるソーシャルワーカー(社会福祉士)であり、主に病院において『疾病を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図る』専門職を指す。

ウィキペディア(Wikipedia)より

MSWとして働くために資格必須ではありませんが、多くの病院では社会福祉士または精神保健福祉士の資格を持っていることを採用の条件としています。

入院中の患者さんと面談し、退院後の生活がスムーズになるように福祉の制度について説明したり、福祉サービス利用のための手続きなどを行ないます。

コウノドリの向井さんの仕事を例にあげると、未受診妊婦さんの場合は家庭環境などを聞き取り、経済的に困っているということで制度の説明などを行なっています。

また中学生妊婦の話では、養子縁組を実施する団体との調整の場面で活躍しています。

社会福祉士を知ることができるドラマや漫画

コウノドリ以外にも社会福祉士について知ることができるドラマや漫画があります。

サイレント・プア

 

2014年に深田恭子さん主演で放送されたNHKドラマです。

主人公は東京下町の社会福祉協議会で働くCSW(コミュニティソーシャルワーカー)です。

ゴミ屋敷の主やホームレス、ひきこもりなど社会的孤立に陥る人と対面し、人は何度でも生き直せるという信念をもとに走りまわる女性の話です。

CSWというとあまり聞きなれないかもしれませんが、地域での高齢者の見守りネットワークを作ったり、地域と支援が必要な人を結びつける活動をするなど、身近なところで活躍している人はたくさんいます。

健康で文化的な最低限度の生活

こちらの漫画は正確にはソーシャルワーカーではありませんが、福祉の仕事ということで紹介します。

主人公は福祉事務所で働く生活保護のケースワーカーです。

生活保護受給者や生活保護を希望する人と面談し、支援や援助、生活への助言などを行ないます。

生活保護のケースワーカーは1人当たりの担当ケースも多く、『健康で文化的な最低限度の生活』の中でも主人公の新人ケースワーカーが100世帯以上の担当を持たされています。

2018年の夏にはドラマ化されました。

さいごに

社会福祉士やソーシャルワーカーというとなかなかイメージがわかないですが、漫画やドラマを通して見ると親しみがわきませんか?

なかなか世間一般では社会福祉士の仕事について知られていませんが、これを機会に社会福祉士の仕事を身近に感じてほしいと思っています。

実は私自身「MSW」として働く方に出会い、それをきっかけに社会福祉士のことを知りました。(その後、社会福祉士となり、縁あって障がい・高齢者・更生保護の分野で働いてきました。)

社会福祉士はひとことでは説明できないほど奥が深い仕事だし、やりがいもあると思います。

『コウノドリ』ではMSWの向井さんはペルソナのチームの一員として活躍しています。チームで連携を取りながら仕事をしていくのも、この仕事の大きなポイントです。

『コウノドリ』を手にとってMSWに関心を持ってもらえたら、社会福祉士の1人としてとても嬉しく思います。

では!

社会福祉士のキャリア
【福祉の仕事】社会福祉士の仕事内容は幅広いしおもしろい【私の経歴】こんにちは、2011年に社会福祉士の資格を取得したヨーコです。 社会福祉士として経験年数は5年半と、まだまだひよこに毛が生えた程度...