【体験談】女ひとりでマニラへ旅してみた

みなさんはフィリピンやマニラと聞いて、どんなことを想像しますか?

危険。治安が悪い。怖い。調べてみるとそんな言葉がたくさんでてきます。

はたして本当に危険なのか。やはり治安は悪いのか。

これまで数回マニラを訪れた私の旅の記録と旅で感じたことをまとめてみました。

マニラ旅行のきっかけ

マニラもともとマニラが目的地ではなく、マニラからバスで5時間ほどの場所へ行く予定でした。

そこへたどりつくにはマニラからバスに乗る必要があり、飛行機の到着時間などを考慮すると、どうしてもマニラで1泊する必要があったのです。

どうせ1泊するなら観光しようと、マニラを1人で歩くことを決めました。学生時代に友人と一緒に歩いたことがあるものの、1人になるとまた話は別です。

行く前はドキドキしてなかなか眠れませんでした。

(その後、何度かフィリピン渡航を繰り返すうちに、1人でマニラを歩くことも抵抗がなくなりました。)

出発から雰囲気が違っていたマニラ行き

マニラへは日本から約4時間ほど。近いし、時差も少なく、直行便もある。

でも旅行の選択肢としてはなかなかあがらないのが事実です。

マニラまでフィリピン航空を利用したときのこと。空港のチェックインカウンターは長蛇の列。そしてなかなか進まない。

前のほうを見たら、みな大きな段ボールを抱えていました。列に並ぶのは電化製品、カップラーメンなどいくつもの箱を抱えたフィリピン人女性たちでした。

マニラ行きは旅行者はあまりおらず、ほとんどが国へ帰省する人たちであふれていました。

久しぶりに家族に会える嬉しさでいっぱいの乗客たちと今からマニラへ乗り込むという緊張で変な汗をかいていた私の表情は対照的でした。

マニラ到着

無事にマニラへ到着し、空港からホテルまではタクシーを利用しました。

一人でタクシーに乗るのは不安だったのですが、昼間の明るい時間だったため怖い思いをすることなく、無事にホテルに到着しました。

ホテルに荷物を置いてさっそく観光に出発。

マニラ

無事にマニラ大聖堂などを見学できました。私は無宗教ですが、海外で教会に来ると不思議と心が落ち着きます。

客引きはいたものの、昼間に観光地を歩くぶんには心配することもなかったです。

街歩きではスリの危険があるため、スマホを出して歩くのは危険です。

また怪しい日本語を話す人には注意してください。(過去に私の友人は現金をすべて持っていかれるという被害にあっています)

食事に困る

観光というミッションをクリアしたものの、次に困ったのは食事です。

フィリピンにはあまり屋台がないのです。タイなどではいつも屋台ですませていたのですが、マニラではそれらしい店は見つけられず・・・。

仕方なくファーストフードですませました。

ジョリビーが有名ですが、私はChowkingという中華系のお店が好きです。ちなみにChowkingのハロハロが、私の人生初ハロハロでした。

マニラには大きいショッピングセンターがいくつかあり、その中に飲食店も入っているので困ったときはそこへ行くようにしています。

ドキドキのジプニー初体験

マニラ翌日、バスで移動するため、ホテルからバスターミナルへ行くことにしました。

おとなしくタクシーで移動すればいいものを、なんとなくジプニー(ジープを改造したもので、現地の人の移動手段になっている)で行ってみることに。

ちなみにこのジプニーは降りるところまで来たら自分で合図をしなくてはいけません。

バスターミナルの場所もわからず困っていると、一緒に乗っていた江戸っ子母さんのような人が声をかけてくれました。

途中で乗り換えがあったのですが、母さんは「こっちよ」と一緒についてきてくれました。

車内で「どこから来たの?」と母さんに聞かれました。

 

コ、コリア・・・

 

母さん、ごめんなさい。日本人というとだましてくる悪い人もいるので、なんとなく嘘をついてしまいました。

結局、江戸っ子母さんは最後までいい人で、バスターミナルに到着すると私が乗るバスまで案内して去っていきました。

マニラで買ったお土産

フィリピンに行くたびに悩むのがお土産選びです。

タイなどではかわいい雑貨もすぐ見つかりお土産選びに悩むことがないのですが、マニラではあまり見つけられず。(北部のバギオに行ったときは安くてかわいいバッグが売っていました)

3回目の渡航あたりから、周囲へ「お土産は買ってこない」宣言をするようになりました。

それでもキリスト教のお国柄、天使のかわいい置物を販売しているお店もあります。

アジアお土産記事にもあげた、こちらの天使の置物。マニラの教会近くの店でひとめぼれして購入したものです。

天使の置物木彫りで温かみがあって、見ると穏やかな気持ちになれます。

10年くらい前に購入したものですが今でも大切に飾ってあり、わが家の守り神のような存在になりつつあります。

【アジアのお土産】私が旅先で買ったお土産公開!買って良かった1位は意外なものでしたこんにちは、旅好き主婦のヨーコです。 旅行の楽しみと言えば観光や食事などいろいろありますが、お土産選びもその1つですよね。 ...

さいごに

店の前にライフルを持った人がいたり、客引きのおやじたちがあやしい雰囲気だったり、ストリートチルドレンが多かったりとドキドキしたのも事実です。(写真があまりないのもそんな理由です)

でも混沌とした雰囲気とグレーがかった街の色が私の心をつかみ、また来たいと思わせてくれる何かがありました。

フィリピンの人たちの明るさと教会で見せる熱心に祈る姿。そのギャップにいつもハっとさせられます。

 

これからマニラへ行く人がいるとしたら、高価なものを持ち歩かず、あやしい人にもついていかない、そして路地裏などを歩かないようにアドバイスしたいです。

でも何よりも一番伝えたいのは・・・

思ったほど危険ではないし、教会やマニラ湾の夕日、そしてフィリピンの人たちの笑顔に触れたらきっとフィリピンが好きになると思います。

観光地としてはメジャーではないし、マニラだけを渡航目的にすると退屈するかもしれませんが、少し足をのばせば豊かな自然や人々の笑顔に出会えます。

そんな素敵な出会いの前に、ちょっとドキドキするマニラ旅もなかなかいいものですよ。

では。

こちらの記事もおすすめ!