子どもとお出かけ

【ベビーカーでも大丈夫】子どもと楽しむフライトオブドリームズ

フライトオブドリームズ

2018年10月12日に、セントレア(中部国際空港)に「FLIGHT OF DREAMS(フライトオブドリームズ)」がオープンしました。

ボーイング機を間近で見ることができ、航空機ファンだけでなく家族連れでもにぎわっています。

子どもと一緒にフライトオブドリームズを楽しみたい!

子どもも楽しめるの?

ベビーカーでも大丈夫?

今回1歳の子と一緒に行ってきたので、子連れお出かけで気になる点をチェックしてきました。

飛行機が間近に見える!迫力満点のフライトオブドリームズ

フライトオブドリームズ地上4階建ての複合施設で、主に飲食店が並ぶ2・3階の「シアトルテラス」と1・4階部分の有料展示エリア「フライトパーク」が入っています。

中に入ってひときわ目をひくのがボーイング787初号機です。有料エリアからはもちろん、飲食スペースからも見えるので、飛行機を見ながら食事を楽しむこともできます。

授乳室もあるシアトルテラス(2・3階)

名古屋めしからシアトルのお店まで

ボーイング創業の街シアトルをイメージしたシアトルテラス。ここではボーイング機を見ながら食事やショッピングを楽しむことができます。

2階はフードコートになっているので、ベビーカーでもOK!

今回食べたのは、「MOLNODA」のカスタムボウルと「FUJIYAMA GO★GO」の台湾まぜそばです。

カスタムボウルMOLNODAのカスタムボウルは、野菜たっぷりのメニューからお肉がのっているがっつり系メニューまであるのが嬉しいです。

 

台湾まぜそばFUJIYAMAGO★GOの台湾まぜそばは名古屋名物!ライスを追加注文して、しめにごはんを投入するのがおすすめです。

もちろん名古屋のお店だけでなく、施設のテーマになっているシアトルのお店も入っています。

3階のアメリカン料理のお店にはハンバーグやエビフライがのっているキッズメニューもあります。

【日本初上陸】シアトル生まれのフランズチョコレート|ハロハロな毎日
こんにちは、ヨーコです。 中部国際空港に新施設フライトオブドリームズがオープンしました。ボーイング機の展示やシアトル発祥のお店などが楽しめるということで、オープン初日から混雑していたようです。 今回、日本初上陸となる「フ

 

授乳室

2階には授乳室があります。

おむつ替えおむつ替えスペースの壁が空色なのがかわいいですよね。

授乳室授乳室はカーテンで仕切られた個室が3つ用意されていて、コンパクトながらもベビーカーで入ることができました。

もちろんミルク調乳用の給湯器も設置してあります。

ベビーカーでも楽しめるフライトパーク(1・4階)

1・4階のフライトパークは有料エリアとなっていて、体験型コンテンツを楽しむことができます。

フライトパークで特に小さい子も楽しめるコンテンツを紹介していきます!

ボーイングファクトリー

フライトオブドリームズ飛行機製造工場での製造過程が映像に映し出され、部品がどのように組み立てられるのかを楽しく学ぶことができます。

体験というよりは見て学ぶコンテンツですが、飛行機の映像が動いたりするので、小さい子にはおすすめです。

娘も動く飛行機を不思議そうに見ていました。

奏でる!紙ヒコーキ場

紙ひこーき紙ヒコーキを作って、光の空間で飛ばします。

何十年ぶりくらいに紙ヒコーキを作ったのですが意外と難しいですね。目印につけたマーカーの線が幻想的に光ってきれいでした!

家族みんなでヒコーキを作って、誰が一番遠くに飛ぶか競争しても楽しいですよね。

お絵かきヒコーキ

お絵描き自分の書いたヒコーキをスキャンしてもらい、ドーム空間で飛ばすことができます。

ちなみに私はシンプルにANA風に塗ったのですが、暗闇の中ではド派手なくらいカラフルにしたほうがいいです!

シンプルすぎると他の人の飛行機にまぎれて目立たなくなるのね・・・

自分の書いたヒコーキを専用タブレットで動かすことができるので、お絵かきが好きな女の子も、乗り物が好きな男の子も楽しめます。

フライウィズ787ドリームライナー

フライトオブドリームズ音と映像のショーで、有料エリアのフライトパークはもちろん、シアトルテラスからも見ることができます。

おすすめは4階の観覧エリアからの鑑賞です。ボーイング機にも映像が映し出されて幻想的な世界が広がります。

1歳の娘も目の前に広がる不思議な世界に興味津々でした。

注意点は4階までは階段利用のため、ベビーカーを置いていく必要があることです。抱っこひもがあると便利です。(4階までののぼりはきついですが・・・)

観覧エリアへの階段付近にベビーカー置き場が用意されています。

その他のコンテンツ

有料エリアでは上で紹介したもの以外にも、ボーイング機のコックピットを見学できたり、航空会社のお仕事を体験できるものなどもあります。

また別料金、事前予約制となりますが、ボーイング787型機のコックピットを再現し、そこで操縦を体験できるシミュレーターもあります。

コックピットの見学は階段利用となりますので注意が必要です。

また1階にはグッズを購入できるお店もあります。(ここはお金を払わずに入れます。)

フライトオブドリームズの料金

<料金>
大人(中学生以上)    1,200円
子ども(3歳~小学6年生) 800円
3歳未満            無料
チケットカウンターに並ばずに入場できる前売り券もあります。

フライトオブドリームズへのアクセスと駐車場

飛行機・電車利用の場合

アクセスプラザを出て立体駐車場P1連絡通路をA棟に向かいます。

看板が目印になります。ここをA棟方面へ右に進みます。

まっすぐ歩いてA棟向いの建物がフライトオブドリームズの建物です。

車の場合

立体駐車場のP1のA棟を利用すると、駐車場を出てすぐ目の前がフライトオブドリームズなので便利です。

まとめ

フライトオブドリームズはフードコートやきれいな授乳室があり、子連れに優しい施設でした。

大きなボーイング機はインパクトもあるので、まだ歩けない娘もじっと見ていました。もう少し大きい子なら体験型コンテンツをもっと楽しむことができると思います。

一部、ベビーカーでは利用できないコンテンツもありますので、ベビーカーを利用の場合は抱っこひもなども一緒に持っていくことをおすすめします。

フライトオブドリームズは大人も子どもも楽しめる施設でした!

これから家族でフライトオブドリームズにお出かけする人たちの参考になれば嬉しいです。

では!

こちらの記事もおすすめ!