ブログ運営

ブログで稼ぐ道は厳しかった

こんにちは、サカキヨーコです。

このブログは2018年に開設しました。10月には2年になります。

もともと家にいながらお金を稼ぎたいと開設したブログですが、何度も迷走したりツイッターアカウントを削除したりしばらくブログ更新をお休みしたりいろいろありました。

数ヶ月前にまたツイッターに復活したのですがこのブログについて思うことがあり、こうして文章にしてみました。

「主婦でも簡単に稼げる」という言葉

現在私は専業主婦です。育休中ではないためお金は1円も入ってきません。妊娠して安定期に入る頃までパート勤務でしたが、自宅から車で1時間半以上かかるため仕事はやめました。

そのときの時給は1800円。特殊な環境だったこともありパートとは言え、それなりに給料をいただいていました。

出産して1年過ぎた頃に仕事をしたいと思うようになりました。自分で働いて入ってくるお金が欲しかったのです。しかし私の住む地域は保育園激戦地区。当然のように保育園は落ちました。

そんなとき出会ったのが「主婦でも自宅にいながら月収〇〇万」の言葉でした。

地元ではない土地でのワンオペ育児でママ友も0。今思えば育児ノイローゼで精神的に追い込まれていました。

 

「収入=その人の価値」ではないけれど、やはり自分で稼ぐということには大きな意味があると思います。

家でも稼げるなら・・・そう思って始めたのがこのブログでした。

数百円稼ぐことの大変さ

当たり前だけどただ好きなことを書いているだけでは稼げるはずはありません。

でも過去の私はワードプレスを開設して広告を貼れば簡単に「月収〇万円」になれると信じていました。

学生時代に広告マーケティングの勉強をして、広告の仕事も少しだけやっていたのでそんなに甘くないことは今ならわかります。当時は周りが見えず、月に何万、何十万と稼ぐママブロガーたちがキラキラして見えたし、自分もそこに近づける気がしていました。

 

月数万の厳しさに気がついたのはブログを始めて数ヶ月目のこと。自分がブログで何をしたいのかわからくなりどんどん迷走していきました。

「好きなことを書きたい」

「でもお金は欲しい」

当時のアドセンスは月数百円。月数万円の道は遠い世界でした。

お金以上の価値

ブログの方向性が見えなくなってきたとき、収益とかそういうことを無視して私なりのブログへの思いについて書いてみました。

収益ゼロのブログを13年間続ける理由副収入としてブログを始めたい。 企画で「ブログを始めた理由を教えてください」という質問をしたところ、この答えが何人かの方からあがり...

有名ブロガーさんがRTしてくれたりして思いがけない反響がありました。

ブロガーさん向けに書いたのでPVは増えてもお金が入ってくるわけではありません。でもお金以上に「共感しました」とか「いい記事でした」という声がそのときの私には重みのあるものに感じました。

ブログ以外でお金を稼ぐ

お金を稼ぐ道はブログ以外にたくさんあります。別にブログでなくてもいいのです。

ワンオペ育児の合間に睡眠時間を削ってブログを書くよりも、外に出て働いてお金を稼ぐほうが先のお金の見通しがたって自分に合っている気がしました。

育児中ですぐには外で働けない女性にとって在宅ワークは魅力的です。でも今現在ネットで稼いでいる人は相当な努力をしているし、白鳥の例えがあっているかはわからないけれど外からは優雅に泳いでいるように見えても水面下では足を動かし続けているのです。

 

ブログ記事の反響があった頃から少しずつ仕事復帰を考えるようになり、就職フェアや会社説明会に参加するようになりました。そしてブログは趣味として好きなことを書いていきたいし息抜きの場にしたいと思い始めました。

さいごに

「主婦でも簡単に稼げる」の言葉でこのブログを開設しましたが、楽して簡単に稼げる道なんてないことを学べたので結果的には良かったです。

今だから言えることですが、「簡単に稼げる」にだまされたのは2度目で過去に「FX」にはまりかけた時期がありました。

おそらく私のような人間が変なオンラインサロンなどにひっかかるのかもしれません。「サロンに入っただけじゃ当たり前だけど稼げないよ!」と、オンラインサロンに入れば変われると思っていた2018年の自分に伝えたいです。

 

このブログは今後どうするかはまだ考え中です。今は家事と育児と資格の勉強が第一優先で落ち着いたら仕事も始める予定なので、ブログはしばらく放置状態になってしまうかもしれません。それでもこのブログを通じて知り合ったブロガーさんたちとはこれからも交流していきたいです。

 

ずっと継続している無料ブログと統合したり、もう少し育児が落ち着く頃(何年先になるかわかりませんが・・・苦笑)にまたブログを作り直してもいいかなと思っています。

 

「お金」だけじゃないとは言いつつも、自分が紹介した本がブログに貼った広告から初めて売れたときの嬉しさは忘れたくないなと思っています。

そしてもちろんブログを読んで声を届けてくれたみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いします。

こちらの記事もおすすめ!